ショパンの国からの音楽はピアノとヴァイオリンの先生の為の教育レパートリーを拡大する提案である。

キャンペーンの名前は三つの音符集のタイトルに由来しており、その全集の目的はショパン以外の作曲家が作ったポーランドの音楽を普及させる事である。2019年キャンペーンの最初のエディションでこれらの出版物をプレゼンする動画を四つ発表した。その後、プロジェクトはポーランド音楽の実践的な利用の方に進化してきた。その為、次の二つのエディションは楽器の演奏を教える先生向けのチュートリアルを含む。

ショパンの国からの音楽というキャンペーンは幅広いポーランドのピアノ音楽(エディション2020年)及びヴァイオリン音楽(エディション2022年):ショパン、ヴィエニアフスキと十九世紀の他のポーランドの作曲家の音楽から、パデレフスキとバツェヴィチを通して、教育音楽の作曲家・ガルシチャ、リビツキ、ツォファリク、イヴァンの音楽までプレゼンしている。

この曲のプレゼンテーションは50の教育動画で纏められ、その中で有名な教育学者はそれぞれの曲を分析し、ピアノやヴァイオリンの小さいアデプトと上級音楽家を教育する過程で、それらの適正に注意している。

50のそれぞれの動画は6の言語バージョン(英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語とポーランド語)で利用できる。これらは五つの国出身のピアニストとヴァイオリニストにより録画されている。

プロジェクトの目的

プロジェクトの目的はピアノでの演奏とヴァイオリンでの演奏の学習に於いて、教育レパートリーを拡大する事である。ポーランドの音楽から由来するレパートリーの新しい提案は様々な教育段階で役立つかもしれない。

プロジェクトの聞き手

プロジェクトの聞き手はピアノとヴァイオリンでの演奏を教える音楽の先生の二つのグループである。最初のエディションはピアニスト向けで、第二のエディションヴァイオリニスト向けである。キャンペーンで多様な難度の曲がプレゼンされる為、小さい子供に教える先生も上級音楽家を指導する先生もそれを利用できる。

ピアノ用のショパンの国からの音楽